ヘッダー画像1

数学検定「数検SCORE100」

小・中・高の検査問題を1つにまとめ、到達した点数(スコア)で数学学力の到達度を絶対評価&相対評価します!

PCで受検する

全国の会場またはご自宅のPC環境で数検SCOREを受検できます。結果(スコア)は検定終了後すぐに確認できます。

» お申込はこちら

検定申込(団体)

5名以上の受検者がいれば、"いつでも"数検SCOREを団体実施できます。検定料金の10%は経費としてお使い頂けます。

» お申込はこちら

検定申込(個人)

個人検定(個人会場)の受検申込ができます。
peatixアカウントで簡単にお申込ができます。

» お申込はこちら

学習コンテンツ

理数検定研究所が開発した数検SCORE対策問題集Magic60シリーズや実物過去問で数検SCOREの対策ができます。

» お申込はこちら

数検SCORE募集停止のお知らせ

数学検定「数検SCORE」公式LINE@はじめました!

数検SCORE公式LINE@はじめました!数学・算数が好きな方、これから数検SCOREを受検予定の方、数検SCORE合格後さらに上のスコアを目指して学習中の方も是非ご登録ください!LINE@では数検SCOREの受検日程や申込に関する情報や学習コンテンツ、対策教材を配信しています。LINE@に登録することで数学学習・勉強へのモチベーションも高めることができます。

» 詳細を確認する

徳島県数学学力向上プロジェクト「AWA PROJECT」が開始!

NPO法人AWA PROJECTと公益財団法人日本数学検定協会との共同主催によって徳島県で数検SCOREが実施・開催されます!

NPO法人 AWA PROJECT
この法人は広く一般市民を対象として、語学、数学などの資格検定に関する事業、数学の指導法などを研究する事業を行い、学力の向上を図る。 また、県内在住の外国人と共にスポーツで交流する事業を行い、ボーダレスな人材育成を行う。これにより、青少年の健全育成や職業能力の開発に寄与することを目的とする。
会長 荒木 義則、副専務理事 湯浅 敬(数学おじさん)

» 詳細を確認する

数検SCORE対策問題集 Magic60シリーズ発刊!

数検SCORE過去問より選定された数学問題を英語と日本語で見開きで1対1に対応するように構成されています。また、詳細な解答と解説が日本語で与えられ自己学習にも最適な形式になっています。

◆Magic60 レベルM
レベルMの内容は小学校高学年(6級)から中学3年生(3級)までの範囲を網羅した出題数60問がセットからなる問題集です。
監修:中村尚五 A4判 155ページ

Magic60 レベルH
レベルHの内容は小学校高学年(6級)から高校基礎(2級)までの範囲を網羅した出題数60問がセットからなる問題集です。
監修:中村尚五 B5判 119ページ
内田洋行総合教育研究所が運営する「学びの場.com」で紹介されました!

  • 数学検定「数検SCORE」対策問題集Magic60体験版
  • 数学検定「数検SCORE」ローカル検定
  • » 詳細を確認する

    Magic60アプリ ダウンロード開始!

    数検SCORE対策アプリを開発しました。中学数学の学習や数検SCORE60の対策がスマホでいつでも、どこでもできます!数検SCOREを初めて知った方も、これから受検予定の方も、まずは無料問題をお試しください。数検SCOREは数学の総合力を測る目的で開発された数学の学力保障のための到達度検定です。数学の活用力、応用力を備えた人材の発見に最適なスコア制・相対評価&絶対評価システムです。現在、大学のリメディアル教育等で数検SCOREの活用が始まっています。

    » 詳細を確認する

    適正能力評価試験 数学検定「Suken SCORE-EE」,「Suken SCORE-EL」

    現在のグローバルな国際社会において、英語のオーラル・コミュニケーション能力と英文資料対応力が求められています。数学検定「Suken SCORE-EE」と「Suken SCORE-EL」が提供する数学検定システムは、英文資料対応力と基礎数学力を評価し、志望する企業・研究機関等でのミスマッチを最小限にすることを目標にしています。グローバル社会の人材として、英語を重視して雇用される社員が入社後の仕事に支障をきたすケースが数多く報告されており、この改善策の一つとして、文系・理系に左右されることなく、社会で活動するために必要な基礎的な数学力と英文資料対応力を兼ね備えた人材を発掘・育成することが重要となります。

    » 詳細を確認する

    NHK EDUCATIONAL 数検SCORE準拠 数学基礎学力診断テスト

    現在の入試・受験制度における大学の推薦や面接・AO入試は、受験生の多面的評価には役立ったものの、同時に大学側が望む基礎数学力を持たない、あるいは確認できないままで入学する学生を多数生み出すケースも引き起こしました。 特に、学生の基礎数学力の低下は際立ち、大学での講義についていけないばかりか、就職活動でのSPIテストにおいても数学力不足が散見され、結果として就職難にも結びついています。学びの質・就職率の保障といった緊急の課題に加えて、卒業した後の社会人リテラシーとしての必要となる基礎的な論理的思考力養成に対し、学生の数学力の把握およびリメディアル教育が求められています。現在、NHK Educationalが実施する数検SCORE準拠数学基礎学力診断テストは、全国各地の大学生のリメディアル教育に活用されています。

    » 詳細を確認する

    理数プログレス講座 -葛飾学力伸び伸びプラン事業-

    東京都葛飾区立新宿中学校と理数検定研究所、日本理科検定協会が協力して、「理数プログレス講座」を開講しています。理数プログレス講座は葛飾学力伸び伸びプラン事業の一環として、生徒の基礎学力・学習意欲の向上、科学的なものの見方を育てる、高校受験を見据えた指導、として理科・数学に関心の高い中学生を対象に葛飾区立新宿中学校において平成26年度より始まりました。新宿中学校の先生方と理数検定研究所と日本理科検定協会の指導員による理科・数学、そして理科と数学を融合した理数的な授業をアクティブ・ラーニングやICT機器を取り入れ実践しています。また講座の理解度を確認するために講座内で、理科検定「理検SCORE」と数学検定「数検SCORE」を実施し、生徒の理科・数学の達成度を分析し、受講生の理数力の評価に役立てています。

    » 詳細を確認する

    高校受験ナビ 数検SCORE準拠 ナビ模試

    高校受験ナビのナビ模試なら日本全国の高校受験生と競え、全国レベルでの偏差値と都道府県ごとの偏差値で学力判定が可能です!登録手続きなどは必要ありません。数多くの人が数検SCORE準拠ナビ模試に挑戦するほど、偏差値の精密度が増していきます。学校や塾の友達にも教えて、みんなで挑戦してください!採点は自動で行われ、その場で得点・偏差値・平均点・正解した問題を知ることができます。別に解答も確認できます。「住んでいる所」を選ぶと住んでいる地域で偏差値の近い高校が表示されます。

    » 詳細を確認する

    アーカイブ
    トップへ戻る